教室紹介

CATEGORY

救急総合診療医学教室〈寄附講座〉

救急総合診療医学教室〈寄附講座〉

スタッフ紹介

 超高齢化社会を迎え、地域包括ケアシステムを構築する上において医師をはじめとした医療者の確保、特に、救急医療と幅広い総合診療に対応できる医療者等の育成、そして地域への供給が必要となります。
 当教室は、岡山県の救急・総合診療にかかわる医療者の教育・研修を担当する目的で、岡山県の寄附講座として開設されました。

  1. 救急診療と総合診療の臨床能力をあわせ持つ医師「救急総合診療医」の育成
  2. 地域の救急医療、総合診療を支える職種の生涯教育
  3. 地域包括システムを支える人材を育成するための生涯教育

以上の3つの目的で、活動を行っております。

 現在進められている地域医療構想では、その地域の医療機関が協力し、地域に合った急性期から慢性期まで医療サービスが住民に対して滞りなく実施されることが目標とされています。しかし、岡山県では5つの二次医療圏がありますが、高梁・新見、真庭、および津山・英田の3つの医療圏における人口当たりの医師数は全国平均を下回っています。岡山県の受療動向から各医療圏の自己完結率をみると、入院全般では、県南東部、県南西部で9割以上ですが、津山・英田が8割、真庭が7割、高梁・新見が6割となっています。また、救命救急入院では、県南東部、県南西部で9割以上、津山・英田が8割以上、真庭が6割、高梁・新見が3割です。救急搬送時間の平均は全ての医療圏で32分から34分となっています。こういった課題の解決につながる活動を、日々行っております。
 医療、特に地域医療において、救急診療と総合診療の臨床能力をあわせ持つ医師「救急総合診療医」の育成は重要であり、また、そのような医師とともに地域医療を支える看護師や他の医療者、さらには救急救命士などと連携した地域のチーム医療の構築はより重要であると考えております。 
 この寄附講座が、将来の岡山県における医療充実のため、医師や研修医をはじめ、コメディカルを含めた教育の一環として、地域の実情を鑑みてより質の高い内容を提供できますよう、今後も活動事業を計画的に進めてまいります。 
 地域医療に従事される皆様は、寄附講座で開催いたします教育セミナー等にご参加をいただき、医療の現場で役立てていただければ幸いです。

2018~2019年度活動実績 (2019年9月末現在)

1 学外における救急・総合診療医学のための教育セミナー

※画像をクリックするとPDFが開きます。

2 学外におけるICLSコース(日本救急医学会認定)

3 学内における教育啓発活動

4 Technical Conference

5 研修医対象研修会