大学院

CATEGORY

3つのポリシー

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

本大学院医学研究科に所定の期間在学し、本研究科の定める要件を満たし、学位論文の審査及び最終試験に合格するとともに、下記の要件を満たす者に対して修了を認定し、博士(医学)の学位を授与する。

  1. 課題を探求し、仮説立脚、検証に至るまでの科学的方法論・思考法を知悉している。
  2. 卓越した研究成果をあげ、専門分野の深い学識を獲得している。
  3. 医学・医療分野を牽引し、指導的役割を果たすことができる。
  4. 学術研究が国民からの信頼、負託に応えるものであることを理解し、高い倫理観を身につけている。

教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

大学院教育目標が確実に達成されるように、以下の方針の下で教育課程を編成し大学院教育を実施する。

  1. 高い倫理観を身につけ、研究を行う際に遵守すべき研究倫理ガイドラインを理解する。
  2. 研究遂行に必要な情報収集能力、情報リテラシー能力を身につけ、専門領域の学識を深める。
  3. 自ら課題を探求し、仮説を立て研究計画を立案し実施する能力を涵養する。
  4. 複雑な事象を科学的方法で解析し、研究結果の考察から普遍的真理へ帰納あるいは演繹する思考法を身につける。
  5. 論文内容の批判的吟味、課題探求力、問題解決力、論文作成能力、プレゼンテーション能力等、医学研究を遂行する上で、必須となる汎用的能力を育成する。
  6. 自己の専門分野を超えて幅広く学際的な視点を養うことを奨励する。
  7. 選択授業科目として「臨床研修」を設定し、研究マインドを持つ良き臨床医の育成にも資するものとする。
  8. 以上の方針が実現できるように、必須・選択授業、研究、演習、発表等を効果的に組み合わせる。

学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

本学建学の理念は「良医の育成」にあり、かかる理念は大学院教育にも通底するものである。真の良医像を自ら体現することを強く希求し、医学・医療領域の広範な視野と、研究遂行に必要な語学力を有する者で、下記の項目に該当する者を求める。

  1. 人類愛に基づき、医科学領域における深遠な真実探求への持続的関心と強い意志を持つ者。
  2. 既成概念に捉われることなく、自ら思索し、謙虚に新しい知を吸収する姿勢を持つ者。
  3. 高度の科学的思考能力、洞察力を有し、卓越した臨床医、研究医を志向しうる者。