教室紹介

CATEGORY

放射線腫瘍学教室

放射線腫瘍学教室

スタッフ紹介

教育重点及び概要

 放射線治療はがん治療の三本柱(手術、放射線治療、化学療法)の一つと位置付けられている。実際わが国の放射線治療患者数は年々増加しており、患者の高齢化を背景にいっそう低侵襲な治療が求められる中で、放射線治療の果たす役割はますます大きくなってきている。治療技術としては外照射と小線源治療に大別されるが、近年ハードウェアならびにソフトウェアの進歩によってそれぞれ高精度化が加速している。リニアックを用いた外照射では、強度変調放射線治療(計画標的体積内に思い通りの線量分布が照射できる)や定位放射線治療(ミリ単位の制度でピンポイント照射が可能)がすでに一般的に実施されており、最近は画像誘導放射線治療(治療のたびに腫瘍位置を確認してから照射する)や、呼吸同期照射(体内における腫瘍の動きに追従できる)も普及しつつある。小さな線源を体内に送り込んで腫瘍に直接放射線を照射する小線源治療では、CTやMRIとの連動によって線量分布をより正確に評価できるようになり、また線源挿入(刺入)時に使用するデバイスも改善され、有害事象の低減と根治性の向上が高いレベルで両立できるようになった。
 治療患者数増加と技術的発展が進む一方で、わが国での放射線治療の認知度はまだまだ低く、全がん患者数に対する放射線治療実施割合は欧米の半分以下と報告されている。その一因として、学生教育や臨床研修の場において放射線治療を学ぶ時間が少なく、実臨床でいかに放射線治療が利用され患者に有用であるかを実感しにくいことが挙げられる。患者利益を最大化するためには、がんの集学的治療の中でさらに放射線治療を適切に活用していく必要がある。そこで当教室では、放射線治療の知識を習得するだけでなく、がん治療全般を俯瞰した上で放射線治療の役割を理解できるよう、「がん総合医」としての教育を心がけている。
 講義では、電離放射線の解説(放射線物理学、放射線生物学、放射線衛生学)や放射線治療学の総論に始まり、頭頸部がん、乳がん、肺がん、食道がん、子宮頸がんなど主要疾患における放射線治療の各論を学んでもらう。4年次以降の臨床実習では、外照射および小線源治療を見学するほか、治療計画の作成実習も行う。また外来診察の見学やカンファレンスを通じ、手術療法や薬物療法との併用、患者背景を考慮した上での治療法決定など、実地臨床においてどのように治療方針が選択されるのか理解を深めてもらう。Informed Consent、QOL及び治療法決定における患者意思の尊重、終末期医療、チーム医療などについても併せて講義する。

研究分野及び主要研究テーマ

1. 乳房温存療法患者の臨床データの分析

 1987年に開始して以来、同治療を受けた患者はすでに2,400名以上に達する。2003年からは寡分割照射を導入し、乳腺甲状腺外科との連携で寡分割照射の症例数も1,200名以上となった。当院は国内でいち早く寡分割照射を導入し症例数を重ねていることから、先行施設として情報発信を続けている。

2. Microselectron HDR®による前立腺がんの組織内照射

 1997年10月から開始し現在までに1,100例を越え、わが国で最多の症例数である。治療機器の進歩により治療方法は進化し続けており、引き続き本治療法の改良と、治療成績の検討及び分析を継続する。

3. 悪性黒色腫、皮膚悪性腫瘍、難治性頭頸部がんに対する中性子捕捉療法

 がん特異的集積性を持つホウ素化合物を投与することで、がん細胞だけにホウ素を集積させ、同部に中性子を照射する。これにより、がん細胞内に殺細胞効果の高いα線とLi粒子が発生し、がん細胞のみを破壊することが出来る究極の放射線治療である。悪性黒色腫、皮膚悪性腫瘍、難治性頭頸部がんを対象に症例を重ねており、将来的には先進医療申請を目指している。