キャンパスライフ

CATEGORY

学生支援の方針

学生支援の方針

すべての学生の人格と人権が尊重され、学生が安全かつ安心して学生生活を送りながら、医学・医療の修学に専心でき、学生が自らの資質能力を十分に発揮して、良医となるべく人間性豊かな人格形成ができるように、学修環境ならびに学生生活上の環境を整備し、適切な助言・指導を行っていく。この方針を修学支援、生活支援、進路支援の視点から具体化し、教職員が一体となって継続的に取り組む。
 支援を必要とする学生が支援を受けやすくするために、学内の様々な学生支援部署の連携を図り、学生支援システムの機能向上に努める。
 修学支援、生活支援、進路支援を具体的に実施するにあたっての基本的な考え方は以下とする。

修学支援の方針

  1. 年度当初や各学期のガイダンスにおいて徹底した履修指導を行う。
  2. 学年担当制度や小グループ制度を継続し、個別面談や助言を通じて学生の修学上の課題や生活における悩み等の相談に対応する。
  3. オフィスアワーやスタディヘルプ制度を学生に周知し活用を促す。
  4. 模擬試験・対策講座などの正課外の学修を実施し、学生個人の学修能力の向上に努める。
  5. 秩序ある生活・友情心と協力心を温め合う学生生活に役立つよう学生寮・自修室・講義室・実習室・ラウンジなどの環境整備に努める。
  6. 障がいのある学生の修学に関する相談に応じ、教育を受ける機会を提供するための支援調整を行う。

生活支援の方針

  1. 学生が現存する様々な学生支援部署を活用できるよう学生支援システムを機能させる。
  2. 学生健康支援センターや学生相談室、障がい学生支援室の体制を整備し、学生が自ら健康管理を行い心身の健康を保持できるよう支援する。
  3. 学生生活委員会やハラスメント防止委員会を中心に、学生生活を注意深く見守り、様々なハラスメントの防止に努め、人権に関わる啓発活動を推進する。
  4. 部・同好会、学園祭を含む学友会の活動に対して指導・助言を行い、学生が自主的な課外活動を通じ、社会性や人間性を向上させるよう支援する。

進路支援の方針

  1. マッチングに関する説明会、新専門医制度や卒後臨床研修のあり方についての研修会などを開催し、積極的な進路支援を行う。
  2. 全国の募集要項などの進路情報を閲覧しやすい環境を整備し、情報提供に努める。
  3. 卒業生の人材活用を進め、学生が自らの将来像を明確にし、学生生活のモチベーションを高められる機会の創出に努める。

学生支援システム

※以下の図をクリックするとPDFが開きます。

※学生支援の窓口

 学年担当・副担当教員や小グループ担当教員の他に、*1学生サポートデスク、*2学生健康支援センター、*3障がい学生支援室を学生からの相談窓口として設置している。
(相談窓口で得られた個人情報は、本学の学生相談業務に必要な範囲でのみ使用し、それ以外の目的で使用されることはありません。)

*1 学生サポートデスクの役割

①抱えている悩みをどこに相談して良いか分からないといった場合に、現存する様々な学生支援部署を学生が活用できるよう学生サポートデスクを設置します。学生支援会議で協議し、相談内容により関係部署と連携し学生支援にあたります。

②相談方法

直接相談
窓口:校舎棟10階管理室・学生課
電話相談
内線:30154(10階管理室)・31107(学生課)
Web相談
相談申込フォームを利用
*二次元コードは学生寮と2~6学年自修室に掲示

*2 学生健康支援センターの役割

①学生の心身の健康を守ることを目的として受診相談、健康診断や予防接種の管理等を行います。学生相談室(カウンセリング室)と連携し、学生が抱える様々な悩み相談にも対応します。

②学生相談室(カウンセリング室)では、カウンセラー(臨床心理士・公認心理師)各1名計2名を配置しており月曜日・木曜日にカウンセリングが可能です。学生生活上での不安や悩み等の相談に対応し改善に向けて支援を行います。相談内容は一切秘密にします。

③ 相談方法

直接相談
窓口:学生健康支援センター(校舎棟4階)
電話相談
内線:34101
メール相談
メールアドレス:gakusei.kenko@med.kawasaki-m.ac.jp
*申込時必須事項:学年・学籍番号・氏名・相談希望日時

*3 障がい学生支援室の役割

①「川崎医科大学障がい学生支援室規程」に基づき、障がい学生支援室を中心に生活及び修学支援の検討を行います。具体的な支援については、本人と保護者とともに相談し決定していきます。

②バリアフリー化の推進


玄関スロープ


階段手すり


多目的トイレ


エレベータ

③ 相談窓口

入学試験・履修などについて
教務課 (内線:31106)
大学生活などについて
学生課 (内線:31116・31112)