教室紹介

CATEGORY

免疫学教室

免疫学教室

スタッフ紹介

教育重点および概要

 免疫系は感染防御機構を担う高次生命機能であり、侵入した病原体等の外来抗原を非自己と認識して排除する精緻な仕組みである。一方、免疫系の破綻により免疫不全症、癌、アレルギー、自己免疫疾患が発生する。ジェンナーのワクチン接種に始まる免疫学は、天然痘撲滅という感染症制圧の偉業を成し遂げたのみならず、免疫応答の人為的抑制により臓器移植療法を実現している。また20世紀末に発生したAIDSに対してその原因ウイルスと病態を迅速に解明して有効な治療法を開発し得たことは、現代の医学生物学(ウイルス学、分子生物学、免疫学)が総力を挙げて新しい致死的感染症を克服した輝かしい事例である。新型インフルエンザなどの新興感染症は免疫学の挑戦が果てしなく続くことを示している。内なる環境因子である腸内細菌叢が免疫系のみならず代謝系や精神神経系の制御にも関与することが解明され、治療標的として注目されている。

 免疫学の研究は、モノクローナル抗体とフローサイトメーター、表面抗原やサイトカインの遺伝子クローニング、発生工学的手法による遺伝子改変マウス等の先進技術を貪欲に取り入れて、免疫応答に関わる細胞、タンパク質、遺伝子、臓器の機能を生体レベルで解明し、免疫疾患の病態解明から根治療法の開発に精力を注いでいる。関節リウマチにおける抗IL-6受容体抗体療法や癌に対する免疫チェックポイント阻害剤(抗PD-1抗体)の画期的な効果は日本発の基礎医学の研究成果が臨床へ還元されている好例である。しかしこの著しい進歩によって蓄積された情報は膨大であり、初学者に取っ付きにくく難解との印象を与えているので、医学生に対しては、臨床医として必要な基本事項の理解を第一目標とする。特に免疫系の仕組みと疾患の病因・病態との関連、治療応用の成果を理解することが重要である。具体的には、以下の点に留意して講義・実習を行っている。

  1. モデルコアカリキュラムの内容を必須の学習事項とし、臨床医に必要な知識を伝授する。興味をもって理解できるように、発見の歴史、医療との関連や最新の話題等も講義に盛り込む。
  2. 免疫系の臓器、細胞、分子、遺伝子の重要項目(T,B細胞、抗原提示細胞、抗体、抗原受容体、MHC)は、徹底的に繰り返し解説する。
  3. 現代免疫学として重要な基礎概念(自然免疫と獲得免疫、クローン選択説、リンパ球の抗原認識多様性、免疫寛容、免疫記憶など)を確実に理解させ、生活環の異なる様々な病原体に対して免疫系が如何に有効な感染防御の生体反応を誘導しているかを理解させる。
  4. 免疫系主要疾患の発生機構と病態を詳しく解説し、治療法の理論的根拠の理解へ導く。
  5. 免疫学的手法、特に臨床の現場で重要な検査法の基礎を理解させる。その一部は、講義期間中の実習で体験し、細胞や分子を実際に触れて生体内のシステムを理解させる。

研究分野および主要研究テーマ

「生体防御機構である免疫制御機構の破綻による自己免疫及びアレルギー疾患の病態の解明と治療法の開発」を教室の研究主題とし、医学としての免疫学研究を進めている。

  1. 関節リウマチマウスモデルである変異gp130ノックインマウスgp130F759の病態
    IL-6ファミリーサイトカインに共通する受容体gp130の点変異Y759Fを遺伝子素因とするgp130F759はIL-6に依存したPadi4遺伝子発現の増加や抗CCP抗体の産生など、関節リウマチと酷似した発症前病態を呈する。関節リウマチ発症との関連が示唆される非病原性微生物感染が環境因子として関節炎発症を促進する誘発モデルを開発した。滑膜の最初期病変の時間空間的解析を進めている。
  2. 腸管-神経-免疫系の連関を制御する細胞膜外ADPリボシルシクラーゼBST-1/CD157の機能
    関節リウマチの骨髄間質細胞に高発現する分子として同定されたBST-1(Bone Marrow Stromal Cell Antigen-1)/CD157は、NADからサイクリックADPリボース(cADPR)を産生する酵素であり、腸管幹細胞の増殖、抑うつ・不安の抑制、Bリンパ球の生存・分化を制御している。受容体機能を介して間葉系幹細胞のstemness を維持する。独自に作製したBST-1欠損マウスとファミリー分子CD38とBST-1を二重に欠損するマウスを用いてADPリボシルシクラーゼの生体機能を解析している。