教室紹介

CATEGORY

消化管内科学教室

消化管内科学教室

スタッフ紹介

教育重点及び概要

1)医学生教育

 臨床系ブロック入門および消化器系Iでは、消化管・腹膜疾患について講義を行っている。消化管の生理学、病態生理から始まり、疾患の概念、成因、臨床所見、検査所見、診断、治療について、病理、薬理、内科系、外科系の各担当講師の協調のもとに口腔から肛門までの全消化管と腹膜の疾患について系統講義を行う。臓器別総合講義では、消化器主要症状からの鑑別診断と主な消化管疾患の診断と治療を中心に講義を行う。国家試験の動向およびコンピテンシーを考慮したシラバスの作成および各講義の改善に取り組んでいる。
 5年生ではベッドサイドで一般的な胃腸疾患を担当(学生1名に対し指導医1名を割当)し、講師及び助教の指導下に臨床実習を行う。消化管X線検査、消化管内視鏡検査、腹部超音波検査については、形態病理の立場から疾病を理解できるようにしている。内視鏡検査シミュレーションシステムの活用、腹部超音波検査など実技実習の機会を増やし、学生がより関心を持って積極的に実習に取り組むようにしている。

2)大学院生教育

 大学院生に対して、消化器疾患の基礎研究および臨床研究の遂行およびデータの解析、発表、英文論文作成の指導を行う。臨床に還元できる研究課題に取り組み、基礎研究の成果を臨床で実証していく“bench-to- bedside”アプローチを基本とするトランスレーショナルリサーチを目指した研究の指導を行っている。

3)卒後教育

 卒後、初期研修では消化管疾患の診断について実践的な知識と実技を習得させ、適切な診断計画および治療選択ができるように修練する。内視鏡検査シミュレーションシステムを活用し、内視鏡技術の向上を促す。シニアレジデントは消化器内科医としてまた内視鏡医として、消化器疾患、特に消化管疾患に関する専門的かつ最新の知識と技術を習得する。日本内科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本消化管学会、日本超音波医学会、日本カプセル内視鏡学会、日本大腸肛門病学会、日本消化器がん検診学会の専門医あるいは認定医の資格を取得することを目標としている。

研究分野及び主要研究テーマ

①腸疾患の臨床的研究

 大腸癌・炎症性腸疾患に関する病態の解明、リスクマーカーや治療法の確立を目的とし、サイトカインの測定および次世代シークエンスを用いた腸内細菌叢を研究している。

②抗血栓薬による消化管出血および粘膜傷害に関する研究

 抗血栓薬による消化管出血および消化管粘膜傷害のリスクマーカーを同定する目的で、実態調査と同時に、併用薬剤の影響について検討し、網羅的なSNPs解析を行っている。

③胃粘膜の炎症とその病態に関する研究

 H. pylori除菌後の胃癌発生リスクを明らかにし、早期診断法と予防的治療法の確立を目的として、H. pylori感染、自己免疫、環境因子、宿主の要因を中心に検討し、エクソソーム由来の血清miRNA の測定を行っている。

④機能性胃腸疾患に関する研究

 機能性ディスペプシア・過敏性腸症候群・機能性便秘の病態解明と新規治療法の確立のため、腸内細菌叢のメタゲノム解析を行い、アレルギー疾患や炎症性サイトカインとの関連性や遺伝子発現や遺伝子多型の検討をしている。

⑤消化管画像診断に関する研究

 より精度の高い大腸癌検診の確立を目的とし、大腸カプセル内視鏡やCT Colonoscopyの診断能の評価を行い、さらにAIを用いた内視鏡診断の精度について検討する。

⑥Barrett食道癌に関する研究

 Barrett発癌に関与する特定の遺伝子を明らかにするため米国の食道腺癌患者の網羅的遺伝子発現解析を行い、その結果を基に、日本人におけるBarrett上皮における遺伝子発現の検討を進めている。