教室紹介

CATEGORY

生理学2教室

スタッフ紹介

教育重点及び概要

 生体機能とそのメカニズムを解明する学問である生理学は医学・医療の基礎であり、医学生にとって生理学を理解することは必須である。さらに、身体の機能は構造と密接に関連しており、生理学の理解のためには各臓器の構造も理解しておく必要がある。
 生理学では1年生と2年生を対象に講義と実習を行う。1年生では「人体の構造と機能」で臓器毎に解剖学と生理学が融合した形で講義が行われるが、2年生では1年生で学習した知識を基にして、恒常性維持のための身体の動的な変化を細胞間や臓器間の連携を中心に講義する。当教室は細胞生理と神経生理(感覚生理を含む)の範囲を担当する。我々の身体は膨大な外界の情報を知覚系で受け取り、その入力が中枢神経で処理されて、最終的に行動や身体内部の環境変化として出力される。また、ある場合にはその情報が脳に記憶される。脳には約1,000億個の神経細胞があり、この神経細胞が複雑にネットワークを形成して情報を処理している。この入出力系において情報がどのように伝わり、処理され、出力されるのかについて、分子・細胞レベルから個体レベルにわたって講義していく。学生諸君には神経系をコントロールセンターとした臓器間を結ぶ人体生理のダイナミクスを理解してほしい。
 2年生の講義の一部にレノンシステムを用いたチーム基盤型学習授業(TBL)を取り入れている。TBLは能動学習の一つであり、学生にあらかじめ指示した範囲の予習をしてもらい、小グループでお互いに議論しながら課題を解決していくことによって授業の活性化および知識の定着を図っている。
 2年生の機能系実習では、感覚を含む神経系と筋肉の生理機能に関する項目を当教室が担当するが、講義で学んだことを実習によって確かめ理解を深めてもらうことを期待している。加えて、実習レポートの作成技術についても習得する。

研究分野及び主要研究テーマ

 「中枢神経疾患や精神疾患における病態生理とその治療法の開発」を大テーマとして研究を行っている。現在進行中の研究として以下のものがある。

1)ニューロリハビリテーションにおける機能回復および神経ネットワークリモデリングの分子機構の解明

 脳梗塞や脊髄損傷モデル動物を作製後、大脳皮質運動野の変化を脳内微少刺激法によって解析し、神経ネットワークリモデリングの制御メカニズムを解明する。さらに神経機能の回復を図るためにリハビリテーションや薬剤投与を行い、機能回復と神経ネットワークリモデリングへの影響について検討している。

2)中枢神経疾患における神経細胞死の機構解明とその治療法の開発

 脳卒中、パーキンソン病、てんかんなどの疾患モデル動物を作製して、病態時の神経細胞傷害とその後の再生機構について、組織学や生化学などの手法を用いて検討している。さらにこれらの神経疾患に対して、新規薬剤や電気刺激などを使った新しい治療法について検討している。

3)うつ病に対する電気けいれん療法の作用機構の解明

 電気けいれん療法の作用機構解明のために、うつ病モデル動物を作製して電気刺激によるけいれんを与えた後の脳内の組織学的および生化学的変化を調べている。特に細胞内情報伝達系の一つであるCa2+に焦点を当てて、その動態およびリアノジン受容体やカルモジュリンなどのCa2+関連たんぱく質の変化について検討している。

4)脳梗塞後の急性期リハビリテーションによる認知機能回復と機構の解明

 脳血管へのマイクロスフェア注入によって多発性脳梗塞モデル動物を作成し、急性期の軽運動による学習機能回復とそのメカニズムについて調べている。

なお、上記研究の1)については2名の大学院生の学位研究として進行している。