大学案内

  • HOME
  • 大学案内
  • 建学の理念・目的・使命・教育目標・3つのポリシーとアセスメント・ポリシー
CATEGORY

建学の理念・目的・使命・
教育目標・
3つのポリシーと
アセスメント・ポリシー

学園創設者 川﨑祐宣

学園創設者 川﨑祐宣が人間をつくる体をつくる医学をきわめるの理念を掲げて開学した

川崎医科大学における建学の理念に基づく人材育成方針

解説

本学が輩出する医師は、「人間をつくる」という建学理念のもと、様々な環境下における複雑な人間関係を一歩一歩前進し構築することができ、将来活躍する場が地域社会に密着する場合、あるいは国際的な移動を常とするグローバルな領域であっても医学の発展に積極的に関与し社会的責務を担う力がある。また、生命に対する尊厳と、他者に対する敬意と共感を持って診療することができ、治療のために、医師としての可能な領域を見極め、自己の置かれている環境と存在意義を常に考慮しつつ、多職種との協調、患者医師関係、同業者医師間における様々な人々と円滑な人間関係を築き、医学・医療の現場で適切に活躍することができる医師を養成することを目的とする。

医師として「体をつくる」という建学理念の達成は生活の基本であり人々への貢献のための必要条件である。この達成抜きには病を持つ者の心理状況の推移を察することも難しい。

卒業後、あるいは研修期間終了後も医療・医科学の学修の継続を行い、知識と技能を最新の状態で維持し、患者や地域社会に暮らす人々の健康の維持と増進を常に考え、保健医療機関とも協働する。同時に自分自身の心身の健康状態を最善に保つために、自己の適切な管理と評価の能力を身につけ資質の向上を図ることができる。

「医学をきわめる」という建学理念は、即ち医学の専門的学術領域の能力、例えば将来あらゆる臨床領域、医療行政及び医学研究に進むための適切な基本を学修し能力を高めることによって医学の発展に貢献し、患者や地域社会、及び医療行政の期待に応える実践力をつけることを目的とする。医科学研究は患者を対象とする臨床研究、行動科学や社会医学などの全ての科学的研究を意味する他、社会環境の変化、反社会的な原因や違法行為による日々の生活への影響の研究も含む。

自律的達成の約束

本学は建学理念に基づく良医の輩出を、自律的に実施し、達成することを約束する。教育改善委員会によって作成された本解説は毎年見直しを行い、当該年度版の「学習の手引き」を職員と学生に配布し周知する。また、新入生ガイダンス、各学年の新年度オリエンテーションにおいて説明を行う他、学内イントラネットやサイネージにより学内に周知する。また、学外へはホームページにて公表し、広く社会からの意見を求めるために連絡先も掲載する。この他、本学附属病院の受診患者、他大学の教育関係者、岡山県や倉敷市等の行政組織、卒後臨床研修指定病院の代表者等からも意見を求める。

建学の理念の下に自律性をもちつつ本学自体が発展することも社会的責務を果たすことの一端であると考える。自律的な活動の支援や検証は自己点検・評価委員会が責任をもち、毎年策定する事業計画書、及び中長期計画内の記載事項の考案や具現化に関しては、学長が主催する大学運営委員会が責任を持つ。

その理念達成のために

  1. 太陽と緑と草花のあふれる広大な自然環境
  2. 清潔な近代的校舎・充実した教育施設・高度な研究設備・完備したスポーツ施設などの人為的環境
  3. 全国的視野にわたって招いた、優秀な教職員組織の人間環境
  4. お互いに友情を温め合い、協力精神を育て合うにふさわしい全寮制の生活環境を整え、学生が主体的に学べる環境を恒常的に整備している

医学部医学科

目的

本学は、有能にして社会の要請にこたえ得る医師を養成することを目的とする。

使命

本学は、良医を世に送って社会福祉に貢献し、医学の進展に寄与するため次の目標の達成に努める。

  1. 人間愛を基調とする知性と道徳性をかん養して、医の倫理を体得すること。
  2. 重大な使命と責任を果たすため、強健な意志と体力を養うこと。
  3. 全国的視野にわたって招いた、優秀な教職員組織の人間環境
  4. 近代医学の深奥を究め、進んで新分野を開拓すること。

教育目標

  1. 患者から信頼される、人間性豊かな医師
  2. 幅広い守備範囲の知識と技能を持ち、広く国民に信頼される有能で心優しい医師
  3. 全人的医療ができるだけでなく、専門性を持った医師
  4. 研究マインドを持ち、新しい医学に貢献できる医師

大学院医学研究科

目的

医学における真実を探求する理論及び応用を教授研究し、人類愛に基づいた高度の科学的思考能力と洞察力及び倫理観を涵養し、国民の健康と福祉に貢献し得る人材を育成することを目的とする。

教育目標

研究者として自立して研究を行い、又はその他の高度な専門的な業務に従事するに必要な高度な研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養う。