研究・産学連携 

CATEGORY

審査課題一覧

麻酔・集中治療医学2審査課題一覧

研究課題名をクリックすると詳細内容がご覧になれます。

受付番号 研究課題 所属 職名 氏名 承認日
3698 人工股関節置換術術後痛(THA)に用いているフェンタニルPCA(patient controlled analgesia)の終了時間が、術後回復に及ぼす影響 附属病院 麻酔・集中治療科 医長 西江 宏行 2019.10.24
3685 術後のシバリングの発生状況と関与する因子についての後ろ向き研究 麻酔・集中治療医学2 臨床助教 中村 綾奈 2019.10.12
3626 肺悪性腫瘍手術および膝関節置換術後の遷延性術後痛前向き調査 附属病院 麻酔・集中治療科 医長 西江 宏行 2019.9.6
3598 集中治療室における「せん妄」評価に関する実態調査 ~多施設共同前向き観察研究~ 麻酔・集中治療医学2 講師 谷野 雅昭 2019.9.27
3432 医用鋼製小物に対する不動態化の新方式の検証 麻酔・集中治療医学2 講師 谷野 雅昭 2019.5.14
3292 開頭手術における術後の麻薬の投与と疼痛の関係に関する後ろ向き研究 麻酔・集中治療医学2 臨床助教 石井 祐季 2018.11.5
3284 股関節置換術における体位と術後急性痛の関係 麻酔・集中治療医学2 講師 西江 宏行 2018.11.9
3265 敗血症の重症度評価を可能とする新規バイオマーカーHRG(Histidine-Rich Glycoprotein):敗血症早期治療への応用 麻酔・集中治療医学2 臨床助教 岡 裕子 2018.10.24
3057 血中miRNA、cfDNAによる特発性慢性痛の客観的診断・評価ツールの作成 附属病院 麻酔・集中治療科 医長 西江 宏行 2018.5.14
2979 痛みの破局的思考が慢性痛患者の精神的健康に及ぼす影響-慢性痛受容と目標設定の調整媒介効果に注目して- 麻酔・集中治療医学2 講師 西江 宏行 2018.1.26
2979-1 痛みの破局的思考が慢性痛患者の精神的健康に及ぼす影響-慢性痛受容と目標設定の調整媒介効果に注目して- 麻酔・集中治療医学2 講師 西江 宏行 2018.8.29
2944 人工心肺を用いた心臓血管手術における術中および術後の利尿薬投与と術後急性腎障害(AKI)の関係に関する後ろ向き研究 麻酔・集中治療医学2 臨床助教 岡 裕子 (2017.12.19)
2018.1.15
2936 乳房切除術後の悪心嘔吐の危険因子 麻酔・集中治療医学2 教授 戸田 雄一郎 (2017.12.1)
2017.12.11
2905 THA術後にopioid induced hyperalgesiaは発生するか 麻酔・集中治療医学2 講師 西江 宏行 (2017.11.2)
2017.11.13
2904 汚染と粘着テープの関係 麻酔・集中治療医学2 講師 谷野 雅昭 (2017.11.2)
2017.11.13
2573 術後患者の疼痛および悪心嘔吐の発生頻度とリスク因子 麻酔・集中治療医学2 教授 戸田 雄一郎 (2016.11.7)
2016.11.14
2275 慢性痛に対する認知行動療法の普及と効果解明に関する研究 麻酔・集中治療医学2 講師 西江 宏行 H27.12.14
2275-1 慢性痛に対する認知行動療法の普及と効果解明に関する研究 麻酔・集中治療医学2 講師 西江 宏行 (2017.1.11)
2017.2.13
2275-2 慢性痛に対する認知行動療法の普及と効果解明に関する研究 麻酔・集中治療医学2 講師 西江 宏行 (2018.4.24)
2018.5.14
2266 全身麻酔管理中の人工呼吸器設定に関する観察研究 麻酔・集中治療医学2 教授 中塚 秀輝 (H27.11.10)
H27.12.14
2175 母指内転筋と皺眉筋における筋弛緩薬の作用に麻酔薬が及ぼす影響の比較検討 麻酔・集中治療医学2 教授 中塚 秀輝 H27.11.12
2121 生体情報モニタiNIBP機能の研究 麻酔・集中治療医学2 教授 中塚 秀輝 (H27.5.27)
H27.6.8
2118 術後硬膜外鎮痛における間歇投与型患者自己調節ポンプの有効性調査 麻酔・集中治療医学2 教授 中塚 秀輝 (H27.5.22)
H27.6.8
2105 アセトアミノフェン静注薬の術後鎮痛に対する効果の観察研究 麻酔・集中治療医学2 臨床助教 杉本 悦子 (H27.5.1)
H27.5.11
2050 新規敗血症重症度マーカーと治療薬の開発 麻酔・集中治療医学2 教授 中塚 秀輝 H27.3.27
1638 筋弛緩回復後再挿管時の筋弛緩薬使用実態の調査 麻酔・集中治療医学2 教授 中塚 秀輝 (H25.10.25)
H25.11.11
1637 術後硬膜外鎮痛における間歇投与型患者自己調節ポンプの鎮痛効果調査 麻酔・集中治療医学2 教授 中塚 秀輝 H25.12.9
1613 ロクロニウム持続静注時におけるデスフルラン、セボフルラン、プロポフォールとの相互作用の比較検討 麻酔・集中治療医学2 教授 中塚 秀輝 H25.11.20
1613-1 ロクロニウム持続静注時におけるデスフルラン、セボフルラン、プロポフォールとの相互作用の比較検討 麻酔・集中治療医学2 教授 中塚 秀輝 (H26.4.1)
H26.4.14
1443 小児における術中輸液が、術後血清Na値に及ぼす影響の検討 麻酔・集中治療医学2 講師 前島享一郎 H25.3.28
(H25.4.8)
1385 スガマデクスによる手術終了から手術退室までの時間への影響 麻酔・集中治療医学2 教授 中塚 秀輝 H25.1.8
(H25.1.21)
1213 漏斗胸に対するNuss法術後痛管理の後向き研究 麻酔・集中治療医学2 教授 中塚 秀輝 H24.6.27
(H24.7.9)
1099 大手術後の重篤な合併症の検討 麻酔・集中治療医学2 教授 中塚 秀輝 H24.2.13
852 術後痛に対する新型ディスポーザブル式患者自己調節装置の有効性調査 麻酔・集中治療医学2 教授 中塚 秀輝 H24.1.16
663 集中治療室における人工呼吸関連肺炎の検討:気管内チューブ形状による影響 麻酔・集中治療医学2 教授 中塚 秀輝 H24.1.16

審査課題一覧トップに戻る

留意事項

  1. 審査課題の承認日は審査結果通知書に記載の日付となっています。
  2. 審査結果通知書とは別に、迅速審査結果通知書が発行されている場合は、迅速審査結果通知日より研究を開始することが可能です。
ご注意ください
平成23年9月~平成24年6月の期間は、迅速審査結果通知書のみしか発行されておりませんので、承認日は迅速審査結果通知書に記載の日付となります。
[ 迅速審査にふされた課題の掲載基準の注意事項 ]

審査された期間によって、下記のように掲載基準が異なります。

★平成25年8月以降に掲載の審査課題一覧については

(例)審査課題一覧は、審査結果通知日の月(平成25年8月)に掲載されています。

受付番号 研究課題 所属 職名 氏名 承認日
15○○ ○○○… △△ ◇◇ ○△□○

(H25.7.○) ←迅速審査結果通知日

H25.8.□ ←審査結果通知日(承認日)

★平成24年7月~平成25年7月に掲載の審査課題一覧については

(例)審査課題一覧は、迅速審査結果通知日の月(平成24年7月)に掲載されています。

受付番号 研究課題 所属 職名 氏名 承認日
12○○ ○○○… △△ ◇◇ ○△□○

(H25.7.○) ←迅速審査結果通知日

H25.8.□ ←審査結果通知日(承認日)

川崎医科大学・同附属病院倫理委員会

TEL
086-464-1076(直通)
kmsrec○med.kawasaki-m.ac.jp ※メールを送る際には、アドレスの○を半角の@に打ち直してください。