ひ と り の ぼ く だ っ て
PLAY
ぼくは 一人の世界で
過ぎ行く秋に
口を つぐんで歩くの
淋しい日暮れは

今日も 落葉を踏みしめ
街角 行けば
誰も 慌ただしく歩く
後ろ姿ばかりさ

 誰か ほがらかな 手紙を
 ぼくの ポストに入れて
 下手な 言葉しか 書けないけれど
 返事を 出すくらい
  ぼくだって できるから
街の 人ごみ逃れて
一人の部屋で
窓の 景色を見つめて
ため息ばかりさ

ガラス 震わす風にも
挨拶出来ず
頬を 固く強ばらせて
淋しい歌 つぶやく

 誰か この部屋の 扉を
 そっと たたいてほしい
 何も もてなしは 出来ないけれど
 ほほえむことくらい
  ぼくだって できるから

作詞:幸田圭子,作曲:大槻剛巳 1972 fall
編曲・演奏・歌唱:大槻剛巳 2013秋