教室紹介

CATEGORY

新生児科学教室

新生児科学教室

スタッフ紹介

教育重点及び概要

 新生児医療は、限られた年齢層を扱うことから非常に狭い領域の医療と考えられがちであるが、中村らの平成10年度周産期・新生児医療施設の全国実態調査によれば生まれてきた子の7%が新生児医療の対象になっており、患者数の上では決してマイナーな医療ではない。また新生児学は、小児科学の一領域にとどまらず産婦人科学、小児科学、小児外科学、集中治療医学といった様々な分野の知識及び技術が必要とされる。新生児に対する診断や処置については、成人あるいは一般小児と異なる特別な知識も必要とされることが多い。さらに母と子の絆を理解し母親を中心とした家族支援を基盤とする治療も特徴的である。
 卒前卒後教育としては新生児学のファーストステップとしての基本的診察、処置を通して、新生児学に対する上記に関する基本的知識を学ぶことと、新生児のプライマリ・ケアに対する基本的診療能力を修得することに重点を置いている。

1)ブロック講義

 3学年には胎児期より新生児期への子宮外生活への適応を中心に、胎児、新生児の生理を理解することを目標としている。
 4学年は新生児期の主な疾患を中心としたその病態の理解と母乳育児、母と子の絆の重要性を学生に紹介している。

2)臨床実習

 講義や自己学習で得た知識を応用力のある生きたものとすることを第一目標としている。母子分離され最先端ハイテク機器に囲まれた一見殺伐としたNICUで行われている新生児医療は母と子の絆を中心とした人間味のある血の通った医療であることの認識を持ってもらえるようできるだけ実際に新生児に多く触れてもらい、小さな命が母、家族に慕われて育まれながら治療されていくプロセスが理解できるよう工夫している。

研究分野及び主要研究テーマ

1)NICUにおける安全性の確保を目的としたオーダエントリシステム(CPOES)の構築

 18年前に本邦で初めて臨床サイドから自作し報告したNICU用データベース(DB)/CPOES,呼称”NICU-Booster”(NB)はその後当院を含め2つの周産期母子医療センターにおいて延べ31年間,約7,500例の新生児の治療にトラブル無く稼働することができ薬剤過誤の予防減少に効果を上げている。今後、全国の周産期センターでの使用の拡大を図り、新生児治療での安全性と効率の向上に貢献したい。

2)新生児蘇生治療支援システムプログラムの有効性の証明と商品化

 新生児の蘇生をガイドライン(NCPR2015)に基づいてガイド、支援する自動化プログラムを開発した。現在、特許出願中である。近日中に商品化し新生児蘇生における予後改善に貢献したいと考える。

3)双胎間輸血症候群の基礎的発症メカニズムの解明

 現在臨床データが少なく検体試料の採取に留まっている。